最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Twitter

  • Twitter

モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

パソコン・インターネット

2015年10月11日 (日)

Zenfone2 LaserとiPod touchを購入し格安SIMにMNP

先日、Zenfone2 LaserとiPod touchを購入しました。

iPhone6 Plusを所有してたのですが、auへの毎月の支払が9000円ほどと高く、

データ通信用のIIJmioとワイヤレスゲートSIMの3回線で11000円ほど毎月支払っていました。


20151008_190459


Zenfone2 LaserとiPod touch(ゴールドの64GBモデル)

20151008_190707

液晶保護フィルムとiPod touch用ケース


20151008_191423

Zenfone2 Laserの詳細なスペックや使い心地などは色々なサイトでレビューされていますので割愛させていただきます。

20151008_191640

2009年8月にiPhone3GS導入からメインのスマホはずっとiPhoneでしたが、

今回初めてメインスマホをAndroidにします。

20151008_192334

iPod touchはiPhone5系と同じ液晶サイズ(4インチ)で、CPUは刷新されてiPhone6相当らしいです

音楽プレーヤーとiOSアプリ温存のための措置で、3~4年は使う予定です。


Zenfone2 LaserとiPod touch合わせて7万円ほど。しかし後述のIIJmioに一本化することにより

月4000円まで圧縮できます。月にして6~7千円は削減されるので、10ヶ月ほどで機材購入が

ペイできる計算です。

20151010_113938

iPhone6 PlusとiPod touch。やはりPlusは大きいですね、持て余してました(´・ω・`)


20151010_121012

タブレットのME572CL、ノートパソコンはX205TA、そしてスマホはZenfone2 Laser。

ASUS製品大好きっ子になってますね(*´∀`*)

三台とも3万円前後で購入できます。Apple製品だと一台で10万円前後ですので、1/3ほどです。

あまり拘りが無ければASUS製品でも十分だと思ってます。

20151011_093343

そしてauからIIJmioへMNPしました。2015年10月末までイオンでMNP含むIIJmioの新規加入で

 ・24ヶ月間、1GBのクーポン追加

 ・6ヶ月間、600円分の無料通話プレゼント

というのがありましたので、速攻で乗り換えた訳ですw


 ファミリーシェアプランで申し込み、数時間で音声SIMが手に入りました。

また、後日郵送でデータ通信SIM(SMS付き)二枚が送られてきます。

毎月11GB使えて音声通話も可能。それで月額4000円ほど、安すぎます。


まぁ、大手キャリアは全国津々浦々にショップを展開してその店員さんの維持にもお金かかりますからね、、、

携帯詳しくない人はショップに駆け込む事で問題解決しますが、知識ある人は殆ど

ショップに行かない訳で、、、


 ということで、今までauに9000円ほど、IIJmioに1500円ほど、ワイヤレスゲートSIMに500円ほど。

合計11000円ほど支払っていましたが、IIJmioに一本化することによりこれが4000円に

圧縮されます。


MVNOなので混雑時の速度低下、LINEのID検索が出来なくなること、キャリアメールが使えなくなる

などの懸念事項があるのですが、通信費削減のメリットの方を優先しました。


店頭での即日MNPも出来るようになって、少しづつですが便利になってきましたね(*´∀`*)


2014年2月10日 (月)

「艦これ」環境を持ち歩く

Miix2 8を買って色々と使っていますが、巷で話題の「艦これ(艦隊これくしょん)」を

やってみたところ、意外と面白いのでハマっています。


艦これはFlashを使ったブラウザベースのゲームなので、Flash非対応なiOSデバイスでは

普通には出来ません。Flash対応したブラウザを使う方法もあるようですが、こちらでは

Windowsタブレットを使った方法と、iPadでリモートデスクトップを使った方法を紹介します。


まずは、iOSデバイスを使った方法。これはLogMeInというアプリを使っています。

他のリモートデスクトップアプリもありますが、比較的導入しやすく、使い勝手も良いです。

ただ、最近フリーで接続が出来なくなったようなので、ある程度のコストは必要に

なってくるのと、出かけている時にもWindowsパソコンを起動させておく必要があります。

画面が小さくなりますが、iPhoneでも接続できますよ。

20140210_214006

次にWindowsタブレットでの運用ですが、Miix2 8での操作は快適そのものです。

ただ、ネットワーク接続のためにWi-Fiルータやスマホのテザリングなどが必要になります。

マクドなどのWi-Fi環境がある場所でも可能ですね。


20140210_214301

まだ艦これは始めて数日なのでこれからですが、少しづつ楽しんでいこうと思っています。


2014年2月 7日 (金)

Miix2 8購入(ZENBOOK売却)

一昨年購入したZENBOOKですが、iPadとサーバパソコン利用により
殆ど起動しなくなっていました。

たまに動かそと思ったらバッテリが無い、ということが頻繁に、、、


殆どホコリかぶってる状態だったので、売却して今流行の

Windowsを買おうと思いました。

20140206_133528


リカバリして、ソフマップに持ち込んで売却。

満額34000円だったのですが、USBメモリ買って、貰ったクーポン

渡すと10%増額の37400円で売れました。

Miix2 8を買うつもりだったので、ソフマップで買おうとも思いましたが、

店員の案内がちょっとアレだったのでヨドバシで購入しました。


20140206_180104

ヨドバシでの価格は45800円、2000ポイント近くあったので、44000円弱で購入。

5年延長保証にも入りました。

20140206_195606

ケース

20140206_195615
液晶保護フィルム


20140206_195629
マイクロUSBから通常USBへの変換アダプタ

諸々で売却から購入で1万円弱しかかかっていませんヽ(´▽`)ノ

殆ど使ってなかったので、良かったです。

20140206_195556
開封の儀


20140206_195904
箱を開けるとすぐありました。アップル製品方式が多いですね、最近のガジェットは。


20140206_202619
いろいろセットアップしました。


20140206_211328
キーボードはエレコムのTK-FBP052、マウスはロジクールのM555bです

キーボードはiPad Air用として買ったのですが、これでも使えます。


20140207_135530
iPad Airとのサイズ比較。


20140207_142355
片手で持つことができます。

 要らないソフトのアンインストールと必要なソフトのインストールを行ったり、
カスタマイズを少しやってみました。

 デスクトップでのタッチ操作はiPadに比べるとやりにくい感じですが、
サイズ変更などで少しは良くなりましたね。

 350gの重さでフル機能のWindows、しかも10時間の長時間駆動
というのは、数年前には考えられませんでした。

 m-Bookやviliv N5、VAIO Type P などキーボードが付いた小型Windows
の頃のワクワク感がありますね。



2013年12月10日 (火)

サーバマシンの更新

メインマシンはCore i7-3770Kを使っていますが、最近復活させた
サブマシンはAthlon X2 Dual-Core 7750の既成品マシンを使っていました。

このサブマシンは、Core i7-3770K導入前にメインで使っていましたが、
更新を期に放置されていましたが、両親のiPhoneのバックアップ用として
再利用を開始したものです。


しかしながら、古いマシンであり、CPUのTDPが95Wですので、
どうしても消費電力が高いです。


20131208_075725
フル稼働させるとマシンのみでも120Wを超えています、、、


20131210_105457
少し落ち着いた状態でも80Wを超えています

最近のCPUは高性能で消費電力も低いので、この際マザーボードとCPUを
交換しようと考えたのです。


大阪日本橋のPC1'sさんで購入しました

20131210_142952
マザーボードはASRockの「H61M-HVGS」を選択。


このボード、今年発売のものらしく、なんと3980円という破格の割に
HDMIが搭載されていたりと他の低価格マザーボードよりも高機能です。


20131210_143132
CPUは Ivy BridgeのCleron G1610Tを選択


このCPU、入手性が悪いようですが、該当店では普通に
バルクで在庫がありました。4380円です。


20131210_143225
CPUクーラーはSCYTHEの一番安いタイプ、1480円です。


合計9840円と一万円以下で揃えることができました(^O^)

メモリはメインマシンの4GB2枚を移植(メインは4GB2枚、8GB2枚搭載)し、
無事認識もしました。


HDDはそのまま再インストールしなくても新たなドライバが自動インストールされ、
LANやその他は付属のDVDでインストールしました。

20131210_171038
アイドル時の消費電力は40Wを超えません。以前の半分以下です(^O^)

Windows7のエクスペリエンスインデックスはこちら

Athlon
以前のAthlon X2 Dual-Core 7750


Celeron
今回購入したCleron G1610T

数値を見る限りあまり変化はありません。
しかし、バックアップとサーバマシンですので、処理速度は求めていません。

ただ、同じ位の処理速度を保ちながら消費電力が半分以下になったのは
凄いことだと思います。
TDPが95Wと35Wの違いとアーキテクチャが新しいというのが大きな理由でしょう。

一万円以下でこの結果はとても良かったです。
CPUファンも最低速度でも十分冷えます。省電力化と静音化の両立ができました(^O^)


iPad Airで外出先からLogMeInでリモート接続したり、Air Videoの動画を見たり
するのが主な目的です(^O^)

2013年12月 3日 (火)

iPad Air 購入

11月30日


iPad mini RetinaとiPad Airと迷っていましたが、
結局iPad Airを購入しました。

ヤフオクでSIMフリーのiPad Air 128GBモデルが
格安で出品されていたので、ついポチりました(`・ω・´)

こちらの手違いで手渡しとなったのですが、逆に早く手に入ったので
ラッキーでした(^O^)

20131130_221625
受け取って直後に地下鉄構内で撮影


20131130_221738
128GB のセルラーモデル、もちろんSIMフリー


自宅に帰り、開封の儀を行いましたヾ(⌒(ノ'ω')ノ


20131130_223522
自宅で封を開ける前に再度撮影


20131130_223529
iPad Airという文字が眩しいです


20131130_223639
箱を開けた直後です。やはりこの瞬間が一番嬉しいですね


20131130_223726
裏面と付属品です


20131130_223803
SIMが入るところです


20131130_223849
香港モデルなのでコンセントの規格が違います
予備を買ってたので、問題はありません


20131130_154209
事前にサードパーティ製のケースと純正のSmartCaseを
買っていたので、液晶保護シートを貼り、ケースに収めました


20131130_155001
薄型ケースなので、こんなに曲げても平気です(`・ω・´)


20131130_155159
裏面のケースは58グラムでした


20131130_155229
純正のSmartCaseは102グラムでした


20131130_160335
ケース装着するとこんな感じです
実はiPad miniも同じ構成で使ってました


20131201_033250
左からiPad mini、iPad Air、第四世代iPadです


20131201_033413
重ねてみました(`・ω・´)


20131201_033453
iPad miniとiPad Airはセルラーモデル、第四世代iPadはWi-Fiモデルです


実際手に入れて感じたことは、やはり軽いということ。
片手で持っていても重さを感じません。iPad miniを
持っていた時と同じ感覚で使えます。


なぜiPad Airにしたのかと言うと、軽くて大画面であるということ。

今までは家にいる時は第四世代iPad、外ではiPad miniという
使い分けをしていましたが、iPad Airではその必要はなく、
一台で済みます。やはりiPad miniは非Retinaということが
ネックだったので、家ではRetinaディスプレイである第四世代iPad
の方が見やすかったのです。

また、自炊した書籍の閲覧用としても大画面の方が有利です。
コミック本や文庫本ならiPad miniでも問題ありませんが、
A4サイズの雑誌を読む時は9.7インチの方が小さな文字まで
読めます。iPad miniだと拡大しないと読めませんでしたし、
恐らくiPad mini Retinaであっても一部の文字は小さすぎて
拡大していた事でしょう。


今までは64GBモデルでしたが、今回は128GBモデル。
自炊本や動画もたくさん持ち歩けますヾ(⌒(ノ'ω')ノ

SIMフリーなので、MVNO SIMも問題ありませんし、
海外に行った時も現地のSIMを差して運用できます。


今は元々iPad miniに入っていたauのSIMを入れています。
2年縛り解除まで14ヶ月あるので、色々とコスト計算した結果
auのSIMを使う予定です。


iPad mini、、、一括で購入したので売却するつもりです。

iPad Airの軽さ、動作の軽快さを一度覚えたら非Retinaな
iPad miniには戻れなくなります_(:3」∠)_

2年縛りが終わった段階で解約してMVNOのSIMで運用を
考えてます。解約違約金が一万円近くというのは痛いですしね。


これからはiPad Air一本で家でも外でも持ち運んで
使い倒そうと思っていますヾ(⌒(ノ'ω')ノ

2013年6月 9日 (日)

折りたたみBluetoothキーボードTK-FBP019EBK購入

折りたたみBluetoothキーボードを購入しました。

TK-FBP019EBKという商品ですが、Amazonや楽天で格安で売っています。
iPhoneやiPadで使えるとのことで、ちょっとレビューです。
20130608_191903

iPad miniとのサイズ比較です。
キーピッチが広く、ストロークもある程度あるので、非常に打ちやすいです。
単四電池2本で動くので、エネループやいざとなったらコンビニなどで
電池を購入することもできます。
折りたたみですが、ロック機構もありますが、ちょっと頼りない感じなので
膝の上などでは怖いですね。ちゃんとした机の上での使用が前提となりそうです。
そもそもキーボード使って長文打つ時はカフェなどになるでしょうから、
問題はなさそうです。
20130609_170517

iPhoneなどのスマホを立てかけるスタンドが内蔵されており、引き出して
このように使います。iPadやiPad miniはムリですが、そもそもスタンドにもなる
ケースを使っているのでコレは必要ないですね。


20130608_202100

折りたたみ状態。iPad miniの半分の大きさで、厚みは倍くらいでしょうか。



20130608_202140

専用のケースも付属しています。電池・ケース込みで実測240グラムです。
普段はカバンに入れておいて、いざとなったらカフェなどで利用するという
運用が便利そうですね。
今まで何種類かBluetoothキーボードを購入してみましたが、
コレが一番私にとって使いやすいキーボードでした。今後はこのキーボードを
持ち歩いて文章を打ちたいと思っています。



2013年6月 2日 (日)

iPad mini用のBluetoothキーボード購入

iPad mini用のBluetoothキーボードを購入しました。

20130602_120530

キーピッチは狭いですが、打ちやすくて良いです。

表示されている通りの記号もちゃんと打てますし、

ローマ字入力と日本語入力の切り替えも簡単ですヽ(´ー`)ノ


20130602_155303

持ち運ぶときはこのように一体となります。

裏面に傷がつかないか、ちょっと心配ですが、、、

裏面保護のシートもありますしね(・ω・`)


20130602_155347

装着時の重さはご覧のとおり544グラムとなりました。

(iPad mini単体では320グラムです)


値段もお手頃なので、是非検討してみてはいかがでしょうかヽ(´ー`)ノ

2013年2月24日 (日)

iPad miniでコンパクトフラッシュ(CF)カードを読み込む

旅客機撮影に使っているのがCanonのEOS 50Dで、

SDカードではなくコンパクトフラッシュ(CF)カード。一時期はSDカードアダプタで

CFカードとして使っていましたが、RAWデータも扱うので連写性能がイマイチでした。

そして、iPad2を使っている頃からCFカードの読み込みができなくて困っていましたが、

今回無事読み込むことができましたので、ご紹介いたします。

20130224_111515

Lightning to USB Camera Adapter です。

コレをiPadやiPad miniに差し込んで、カメラとUSB接続すれば画像の

読み出しが可能ですが、CFカードで運用したく、色々ネットで調べた結果、

エレコムの「MR-K008」というカードリーダーが使えるという事がわかり、

同時に購入しました。

20130224_121122

このカードリーダーはSDやCF、MS、xDカードにも対応しており、汎用性は

非常に高いです。ただ、持ってるカードはSD系とCFしかありませんが、、、

コレをiPad mini → アダプタ → カードリーダー

で接続すると、無事読み込むことが出来ました。

20130224_121343

iPad miniで読み込めるので、そのまま即座にネットにアップすることも可能です。

全日空のボーイング787テストフライトの時はONKYO BX407A4でアップ

しましたが、今後はこの環境で簡単にアップが可能になりそうです。

 

【追記】 iPad Airでも読み込みが可能です。

2012年11月11日 (日)

iPad RetinaディスプレイモデルとiPhone5にリプレース

iPad Retinaディスプレイモデルが発売された次の日の11月3日に該当モデルを購入しました。

今までiPad2を所有していましたが、やはりディスプレイの解像度に若干の不満があり、
Retinaディスプレイ搭載の第三世代を考えていましたが、この度第四世代となる
iPad Retinaディスプレイモデル
発売となり、iPad miniも気になりつつも購入。64GBのホワイトモデルです。

20121103_12_19_05

そして11月10日、iPhone5も機種変しました。

20121110_14_07_40

LTEテザリングの対応状況がSoftBankとauで違っていて、発売前の予約購入はリスクがあると考え
見送っていましたが、やはりLTEテザリングだと容量規制があるようで、WiMAXをそのまま継続し、
iPhoneではテザリングはしないという方針でSoftBankで機種変しました。

iPadもiPhoneもLightningケーブルとなったので、予備のケーブルの入手が難しくなりましたが、
処理速度やディスプレイの美しさは他のスマホやタブレットに目がいかないくらいですね。







2012年7月24日 (火)

楽天の電子書籍リーダー Kobo Touch を自炊で使い倒す~そのに~

一つ前の日記ではepub形式で作成し、拡張子を”*.kepub.epub”に変更して運用を試みていましたが、
サムネイル(表紙)の表示がタイトルの表示のみで味気なかったので、どうにか表紙の表示が出来ないかと
某所で質問してみましたら、「有志ファームを使えばcbz形式でも日本語が可能」ということで、
早速変えてみました。


その前に、問題点の整理(MicroSDカードでの運用)
1.CBZ形式だとサムネイルは表示されるが、著者名・タイトルを日本語で表示できない
2.EPUB形式だと日本語で著者名・タイトル表示はできるが、サムネイルが素っ気ない

回答として、
1.CBZ形式は内蔵ストレージに置けば日本語でも大丈夫
2.有志ファームを使えばMicroSD内のデータも日本語大丈夫


ということで、回答2を実践するために有志ファームのダウンロードと適用を行いました。

有志ファームのダウンロードURLもある非公式wikiは こちら


有志ファームのダウンロードと、添付のテキストを読んでファームの変更はすぐできました。

そして、ChainLPで日本語の著者名・タイトルを入力し、CBZ形式で出力させたものを
MicroSDに入れてkoboに差し込むと、、、

日本語の著者名・タイトルの表示もされ、サムネイルもちゃんと表示されました。


これでkobo touchの本格運用が開始できそうですね(^^)v


(追記)
CBZ形式ですと、ライブラリの著者名の部分が「著者不明」となってしまいます。
ChainLPで出力したファイル名に[著者名]タイトルと表示されているので、著者名で
検索することがなければあまり問題にはならないと思います。

完璧を目指すならやはりepub形式でサムネイルがきちんと表示されるのが一番なんですけどね、、、

より以前の記事一覧